wilikesの日記

みなさんの役立つブログを目指します


この一点を注意するだけで大丈夫。失敗しないそうめんの茹で方。

f:id:wilikes:20160709220949j:plain

夏といえばそうめんですね。安いし、さっぱりしてるから食欲がなくてもガンガン食べれます。調理の仕方も簡単でただ茹でるだけ。そんな簡単うまいが売りのそうめん。でも、私たち夫婦が作るといつも麺がぐちゃぐちゃした食感になってしまいます。一応そうめんの袋に書いてる通りに作ってるはずなのになんで?

 

考えられる原因①:麺ゆですぎ問題

いつも時間をざっくり量ってるから茹ですぎてぐちゃぐちゃになるのでは?

ということで、タイマー使って正確に時間を測定。

結果

ぐちゃぐちゃ。

 

考えられる原因②:麺まだゆですぎ問題

まだ茹ですぎ?時間通りに作ってもやっぱりぐちゃぐちゃなるってことは、袋に書いてる茹で時間が嘘なんじゃね?

ということで、タイマー使って茹で時間を早めに調整。

結果

か、硬い!(粉っぽい)

 

考えられる原因③:フライパンで作ってるから問題

鍋使うの面倒くさいからということで、フライパンでお湯を沸かし作っているからダメなんじゃね?

ということで、ちょっと深めの鍋で作成。

結果

やっぱりぐちゃぐちゃ。

 

導かれた結論:麺が安物すぎ

「安いそうめん買ってるからまずいんじゃない?実家で食べるそうめんはフライパンで茹でてもこんな食感じゃないもん。」妻は言った。確かに一番安いの買ってるけど、それはたぶん違う。違うと信じたい。

 

結局の原因

なんやかんやで原因判明。茹でるときのお湯の温度がぬるかったのが原因でした。沸騰した後すぐに麺を入れてたので、お湯の温度が低くなりそのせいで茹でが中途半端になってたみたいです。沸騰して麺を入れ後ちょっとだけ火を強めにしてお湯が沸騰した状態をキープ。そしたら、おいしくできました。

 麺類を茹でるときたっぷりのお湯で茹でろっていうのは、ひょっとして麺を入れた時に温度が下がらないようにするためだったのかな。

そんなこんなでまた一つ大人になりました。