wilikesの日記

みなさんの役立つブログを目指します


フローリングの家におすすめ。iRobot社のBraava(ブラーバ)を1年間使ってみて。

 

マイホーム購入と同時に購入した家電でかなり便利だったのが、ルンバでおなじみiRobot社のBraava(以下、ブラーバ)です。ブラーバは自動拭き掃除ロボットです。 

 

出会いは、某家電量販店にて。掃除機コーナーで元気に走り回る姿を発見し、一目ぼれ(かわいい)。値段は39,000円と今となって考えてみれば結構お高めですが、当時はうん千万円の買い物後ということで気が大きくなっており、何の迷いもなく買ってしまいました。

  

"ブラーバ"ってどうやって使うの!

f:id:wilikes:20160803204344j:plain

本体とパット部分が分かれてます。パットは乾拭き用と水拭き用の2種類があります。パット部分に専用のクロス(タオルっぽいの)を付け、パットを本体にはめ込んだら準備完了です。あとはスイッチを押すだけ。

 

f:id:wilikes:20160803204714j:plain

本体と一緒についてくる「NorthStar(ノーススター)キューブ」これを部屋の中央に置いておくと、位置を管理して拭き残しなく掃除してくれるみたいです。別売りでもう一個買うとさらに広範囲を管理してくれるみたいです。(豪邸にお住まいの方はぜひ!)

ちなみに我が家の一番広いLDKは約20畳ほどですが、一個で十分っぽいです。

 

"ブラーバ"ってどうなの!

我が家では、乾拭き用のパットにクイックルワイパーを付けて乾拭きモード(※)で動かしてます。(ドライシート、ウェットシートどちらでもOK!)

音が全然しないので、テレビとか見ながらくつろぎながら利用できます。高さもないので、ソファーやテレビボードなどの脚のある家具の下も問題なく掃除してくれます。掃除機かけた後に動かしてもたくさんゴミを取ってくれるので毎回びっくりです。

あと、こいつはルンバと違い充電器に自動で戻ることができないので皆さんの手で充電器にセットしてあげましょう。

 

(※)ちなみに、乾拭きモードと水拭きモードはブラーバの動きが違います。乾拭きは拭き残しがないようにざっくり移動していきますが、水拭きモードは同じ場所を何往復かして結構丁寧に拭いてくれます。

 

使用して1年経過!

一年間、週2~3回の頻度で利用してますが非常に重宝してます。一点だけ不満があるとすれば、タイヤに絡まった髪の毛が取りにくいことです。タイヤは取り外し不可なので、いちいちタイヤに絡まった髪を細いはさみでカットしピンセットで取り除いてます。それ以外は文句なし。買ってよかったです。新築祝いでもらったらうれしいかも!